その他のディテール

襟ぐりはスコープネックと呼ばれる丸いものが一般的です。それに前の胸元をキュッと絞ったギャザー入りのものも多く胸元に表情をつけてキレイにみせます。

キャミソールだと胸元が山型になっているものと緩やかな曲線を描くもの、直線的なものなどもあります。最近はハートネックといってホームベース型のようなラインのものもあります。

このタイプは前身ごろにプリンセスラインが入っていて切り替えになっているものが多いです。

それから、ハイネックで襟元にVの切込みが入っていたりジップアップになっているもの、ホルターネックといって首に引っ掛けるような(エプロンのような感じです)タイプも出てきています。

ストラップがダブル使いのもの、後ろのストラップをクロスできるものもあります。バックラインも丸いタイプが一般的ですが、これもギャザー入りのものがあります。

また少し鋭角的なVラインのものも背中がシャープに見えてオシャレにみえます。あとは、大きく変わるのはハイバックかローバックかという点です。

つまり背中の開きがどの程度かということです。あきが浅いものは中に下着を着けても隠れますので、インナーにブラをつけないと落ち着かない方はこのタイプを選ぶといいのではないでしょうか。

あきが広いものは最近流行ですがメーカーによってかなり幅も広く開いているものがあり、試着をして着心地を確かめてみないと肩がズリ落ちるということもありますから、必ず試着をして確かめる事です。

先ほどのプリンセスラインというのは前身ごろのバストトップのラインから下のほうまで生地をはいだタイプのものです。1枚はぎのものに比べ見た目にすっきりした印象を与える効果があります。また裾から胸元にかけてダーツを寄せて曲線のシルエットをきれいに見せるものもあります。

ユニタード(レオタードとタイツが一緒になったような全身タイツ系)やユニショート(ユニタードの丈がショートパンツくらいのもの)もあります。ユニタードはプロの方が着ているとカッコイイですよね!それにあたたかいそうです。

フィギュアスケートのように短いスカートがレオタードについているものもありますが、子供さんにはとても愛らしいと思いますが、大人の方にはお勧めは出来ません。

スカートは普通のレオタードに巻きスカートなどを重ねたほうが、バリエーションがきくしエレガントです。でも最近は巻きスカートの素材でスカートが付いているレオタードもありますね。


次回は「素材」について♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。