レオタードカラー

バレエレオタードの色にも流行があるようです。以前は華やかでカラフルなきれいな色が多かったと思いますが、最近はわずかにくすんだ色やパステル系のきれい色が人気があるようですね。

ブルーやピンクでも淡いパステル調や、やや深めの大人っぽい色です。渋めの色ではパープルやワイン系のバリエーションがとても豊富です。また大人の方には人気です。子供さんにはもちろんかわいらしいカラーが好評で以前から愛用されていますよね。

淡い色は一般的に色の白い方には似合うようです。深めの色も顔のイメージや肌色によって、よけいくすんで元気がなく見えたり浮いて見えたりもしますので、鏡をよく見てできればお友達やお店の方の意見を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

淡い色の場合にはインナーを着用しないと中が透ける可能性があります。また、濃い色でも汗をかいたときに濡れた箇所がはっきりと色が変わって目立ってしまうというものもあります。これは色だけでなく素材も関係してくるので一概には言えないのですが気をつけたほうがいいと思います。

黒や紺色はあらゆる点で無難です。初めての方は黒のレオタードを希望することが多いようです。身体が締まってみえる、初めてなのであまり目立ちたくない、など確かにありますね。

欠点としては身体の動きが正確に見えにくいということもあり、教室によっては淡い色のレオタードを指定されるところもあるようです。また、逆に黒か紺という指定のところもあるようですので、初めてバレエを習おうとされる方は、見学に行ってレッスン内容と共に周りの生徒さんたちのレッスンウェアがどんな感じか確認されることを是非お勧めします。

どうですか?分りにくい面もあるかもしれませんが、できるだけ詳しく分りやすいように頑張って書いています。
出来ましたら最後まで見ていってくださいね〜


次回からは「シューズ」について入っていきますよ♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。