バレエシューズ

バレエを始めたばかりの人も、長年踊り続けているプロの方にもバレエシューズは必須アイテムです。

素材には布製と皮製、また布製で前半分だけ皮製のものがあります。
皮製は丈夫ですがやや厚みがあって床の感触を確かめたい方には布製のほうが軽くてフィットするのでいいのかもしれません。

バレエシューズは底が足より一回り小さく出来ているので、ルルヴェで立った時、床からのショックが弱いのは逆に前に皮を使ったもの、とも言えます。

色もピンク系、白、黒などがあります。男性は白や黒をはくことが多いようです。女性は一般的にはタイツの色に合って脚と一体になるように肌色にベージュ系を選ばれる方が多いです。ピンクや白も良いのではないでしょうか。

ゴムはメーカーによって最初から縫い付けられているものと、ゴムのみ付いて自分で縫い付けるタイプがあります。シューズの幅を渡すように1本になっているものと、クロスさせてつける場合があります。
クロスにするタイプは、縫い付け位置が2箇所になるので、土踏まずの部分が足裏にフィットするような感じがして好まれる方が多いようです。

ソールはひょうたん型に1枚続きになっているものと、前部分と後ろ部分が分かれているスプリットソールがあります。スプリットソールは真ん中の部分にソールがない分薄くて、つま先を伸ばしたときに土踏まずをぎゅっと押されるような感じがあって気持ちいいのですが、足裏の筋肉をを鍛える面ではフルソールの方がいいという意見もあるようです。


次回は「ポアント(トウシューズ)」です♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。