ポアント トウシューズ

大人になってからバレエを始めた場合、ポアントをはけるようになるには様々な要素があります。レッスンの回数や習い始めてからの年月、足の強さ。また教室によっては、大人からはじめた場合にはポアントは穿かせないという考えのところもあります。

ポアントについては足幅、甲の高さ、指の長さ、足の強さ・柔軟性など個人差があり、合うシューズというのは人により全く変わって来ます。他の人がとっても履きやすい、立ち易いって言っても、それが自分に合うとは限らないのです。

一般的には甲が良く出る方は、シャンクが柔らかすぎたりヴァンプが短いものは、のめりすぎるので危険です。逆に足首が硬くて甲があまり出ない場合にはガチガチのシャンクのものを穿いては足を痛めることになりかねません。ただ、ソールが柔らかくて足の前のほうで折れてしまうと、足首が伸びずに指立ちになってしまうので、しっかり土踏まずまでは真っ直ぐ立たせてくれるようなものがいいと思います。

ポアント部分が細いものは回転や素早い動きに対応しやすいですが、安定性を求めるなら先が広くて四角いものに変わって来ます。プロは演目によってポワントを履き替えるとも聞きますよね。
ポアント選びにはどうも根気が必要なようです。自分の足をよく知り、先生やお店の方のアドバイスをもとに色々試してみるしかないようです。フィッティングの際にはいいなと思っても実際にレッスンで穿いてみたら違ったということもよくあります。

色に関しては舞台で特別な指定がなければ、普通はピンクです。ですが、このピンクにも通常のピンクというのもあれば、パールの効いた薄めのピンク、またオレンジがかったヨーロピアンピンクというのもあります。これはメーカーやブランドによってある程度決まってくるので、足にあうシューズがたまたまこの色だったということの方が多いのかもしれません。

リボンは国産のものははじめから縫い付けられているものが多いですが、海外のものはリボン別売りでほとんど自分で縫い付けるタイプです。リボンの種類によっては硬さも違って結び目がゴロゴロしやすかったり、表面がツルツルしていてたるみやすいものもあるので、あれこれ好みのものを探してみるといいでしょう。

また、ドゥミポワントのときのフィット感を高めるためにシューズの後ろ側から足首を通るようにゴムを縫い付けることも多いです。バレエシューズのようにクロス型に縫い付ける場合もありますが、この場合甲を抑えることにもなるので、甲が出すぎる方にも有効です。

トウパットも色々な種類が出ています。フォームラバー・ウール・ボア・ジェル・古くなったタイツの切れ端を爪先に巻きつける人もいますよね。要は痛くなくて自分が踊りやすければいいんです。これもシューズとの相性もありますのでいろいろ試してみましょう。

パットにより大きさや厚みが変わってきます。新しいポアントを買う時には自分の使っているトウパッドを持参したほうがいいです。


次は「アンダーウェア」について♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。