バレエを楽しもう

バレエレオタードやバレエ用品を含めて用品を販売するサイトが殆どで、バレエ用品を詳しく説明しているページが無くて、頑張ってサイトを作りました。

是非にお役に立てるように連載していきますので、ごゆっくり見ていってくださいね。

子供さんをはじめ大人の方までバレエのレッスンで踊る楽しさや、上手になっていく事は嬉しいもので、幸せな気持ちになりますよね。

でもレッスンウェア等の選び方や何をどのように選んでいけば良いのかを基本に説明していきますね。お気に入りのバレエ用品を身に着けてバレエをするとウキウキした気分にきっとなる事でしょう。

スタイルから始めてもいいと思いますよ。最近では大人になってからのクラシックバレエが人気があるようです。私も大人からバレエを始めたのですが、色々なレオタードやシューズやニットなどを揃えました。

上手下手も年齢も関係なく、純粋にバレエを楽しめばいいと思いますよ。 第一、健康や美容さらにダイエットにもいいですよ。

さあ、バレエを始めるには一通り用品が必要に成りますが、最初から高価なものを用意する事はありません。

子供さんや大人の体に合ったものを選んでいくのが基本です。
バレエ用品に限らず、例えばどのようなスポーツ用品にも自分の体に合ったものを選ぶのは当然ですよね。

無理の無いそして無駄の無い動きをしていくには基本中の基本です。
それでは、いよいよバレエ用に何があるか、何をそろえていくのか一緒に考えていきましょう。

バレエ用品について出来るだけ事細かく連載していきますので、是非お楽しみに〜♪


次回は勿論、「レオタード」から詳しく説明に入りますよ。

まずはレオタード

キャミソールとタンク

キャミソール型は肩紐タイプで細いもの、タンクはランニングのようにキャミソールより少し太目のタイプになります。どちらも袖がないので腕の動きが楽というメリットがあります。

バスト回りがぽっちゃりしていて肩紐と脇の間のお肉が目立ってしまうからと気にされる方も結構居られますが、上半身がしっかりしていてもキレイにタンクレオタードを着こなしている方もおられます。これは最初のサイズ選びにもポイントがあるように思います。

このタイプのレオタードは他のものに比べ袖がない分、上下に引っ張られやすいので小さめのサイズを選ぶと、脇や胸周りのお肉が目立ちやすいということはあるようです。

肩紐と脇の間のお肉が気になる場合は、胸の開きの浅いもの、胸の山をしっかりカバーする深さのあるものを選ぶとベターです。見た感じでは選ばないでくださいね。わかりづらいので試着は是非しましょう!

また、一般のカットソーなどを選ぶときにもよく言われることですが、中途半端に隠すよりは出した方がすっきり見える場合もあるようです。


次回は「キャップスリーブと半袖」について♪

キャップスリーブと半袖

半袖は肩や脇を出したくない、初めてで何を着ていいのか分からない、という場合に選ばれることが多いようですね。
半袖はメーカーによっても若干長さの違いはありますけれど、二の腕の半分くらいの長さです。

キャップスリーブはそれよりも短く肩からひさしのようにかぶさったような?形の袖です。フレンチスリーブをもう少し長めにしたような感じですね。


キャップスリーブはメーカーによって袖の長さやゆとりに違いがありますが、肩から二の腕の筋肉が盛り上がるところの真ん中あたり・・この辺の細さをキレイに見せてくれると思います。その細くなった腕のちょっと上あたりの長さで、且つ、袖周りがきっちりしないで隙間が開くタイプ、これがポイントになります。

【5分袖〜長袖】
それ以上長いタイプの袖は、大体5分袖、7分袖、長袖になります。

長袖は素材やサイズ選びにもよりますが、腕とボディとの連動が当然ながくなるので、少し動きにくいかもしれません。レオタードの上に何も着ない方は、冬場の寒さしのぎには向いているという利点はあります。
5分・7分はややエレガントな雰囲気を楽しめると思います。シャツやブラウスで7分袖が人気なのと同じですね。


次回は「その他のディテール」ですよ♪

その他のディテール

襟ぐりはスコープネックと呼ばれる丸いものが一般的です。それに前の胸元をキュッと絞ったギャザー入りのものも多く胸元に表情をつけてキレイにみせます。

キャミソールだと胸元が山型になっているものと緩やかな曲線を描くもの、直線的なものなどもあります。最近はハートネックといってホームベース型のようなラインのものもあります。

このタイプは前身ごろにプリンセスラインが入っていて切り替えになっているものが多いです。

それから、ハイネックで襟元にVの切込みが入っていたりジップアップになっているもの、ホルターネックといって首に引っ掛けるような(エプロンのような感じです)タイプも出てきています。

ストラップがダブル使いのもの、後ろのストラップをクロスできるものもあります。バックラインも丸いタイプが一般的ですが、これもギャザー入りのものがあります。

また少し鋭角的なVラインのものも背中がシャープに見えてオシャレにみえます。あとは、大きく変わるのはハイバックかローバックかという点です。

つまり背中の開きがどの程度かということです。あきが浅いものは中に下着を着けても隠れますので、インナーにブラをつけないと落ち着かない方はこのタイプを選ぶといいのではないでしょうか。

あきが広いものは最近流行ですがメーカーによってかなり幅も広く開いているものがあり、試着をして着心地を確かめてみないと肩がズリ落ちるということもありますから、必ず試着をして確かめる事です。

先ほどのプリンセスラインというのは前身ごろのバストトップのラインから下のほうまで生地をはいだタイプのものです。1枚はぎのものに比べ見た目にすっきりした印象を与える効果があります。また裾から胸元にかけてダーツを寄せて曲線のシルエットをきれいに見せるものもあります。

ユニタード(レオタードとタイツが一緒になったような全身タイツ系)やユニショート(ユニタードの丈がショートパンツくらいのもの)もあります。ユニタードはプロの方が着ているとカッコイイですよね!それにあたたかいそうです。

フィギュアスケートのように短いスカートがレオタードについているものもありますが、子供さんにはとても愛らしいと思いますが、大人の方にはお勧めは出来ません。

スカートは普通のレオタードに巻きスカートなどを重ねたほうが、バリエーションがきくしエレガントです。でも最近は巻きスカートの素材でスカートが付いているレオタードもありますね。


次回は「素材」について♪

レオタード素材

【光沢系】

バレエレオタードといって思い浮かぶのが、この光沢系だと思います。昔からこのタイプはメジャーです。ナイロンなどに伸縮性を効かせた素材で手触りがさらりとスベスベです。
これに縦に細いリブを施したタイプもありますが、最近はあまり光沢のあるタイプは人気がないようです。色も光沢系は発色がよくてカラフルなものが多いのですが、特に派手な色を選ぶと目立ちますので気をつけましょう。裏側を表にして作っているものは、やや光沢が抑え目になっているようです。

【スムース系】

光沢がないジャージーのような素材です。やや厚めに感じられます。そのせいかサポート力がやや弱いのでサイズが大きめだとたるみができる場合があります。
また、普通のスムースは厚く硬い印象ですが、柔らかくスベスベした肌触りのソフトスムース素材は最近人気です。厚ぼったい感じもなく毛玉ができにくいです。

【コットン系】

コットンに伸縮性を加えた素材で光沢はありません。スムースよりは薄手です。着易くて最近主流なのはこのタイプではないかと思います。どの素材も汗は吸うのですが、コットンが入っているので特に吸汗性に優れている印象があります。

【ベロア系】

秋冬の寒い時期にベロア系を着用される方は多いです。でも、総ベロアではなくコットン系などと切り替えで胸元だけベロアというものがほとんどです。おとなっぽくファッション性を生かした素材です。色合いによってはおしゃれで夏も使用される方が増えています。

【その他】

バレエのレオタードの場合、基本的に生地は無地です。しかし、最近のトレンドとして生地の地模様として花柄などが入っているものが出てきています。織り方で模様を表現しているのでニュアンスのある表情を出せます。
ベロアの胸元切り替えの他、肩のストラップや襟ぐりだけに異素材のものを使ったり、そこだけ柄を入れたパターンも出てきています。縁取りだけ別の色とか花柄などがそうです。


次回は「カラー」が題材ですよ♪

レオタードカラー

バレエレオタードの色にも流行があるようです。以前は華やかでカラフルなきれいな色が多かったと思いますが、最近はわずかにくすんだ色やパステル系のきれい色が人気があるようですね。

ブルーやピンクでも淡いパステル調や、やや深めの大人っぽい色です。渋めの色ではパープルやワイン系のバリエーションがとても豊富です。また大人の方には人気です。子供さんにはもちろんかわいらしいカラーが好評で以前から愛用されていますよね。

淡い色は一般的に色の白い方には似合うようです。深めの色も顔のイメージや肌色によって、よけいくすんで元気がなく見えたり浮いて見えたりもしますので、鏡をよく見てできればお友達やお店の方の意見を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

淡い色の場合にはインナーを着用しないと中が透ける可能性があります。また、濃い色でも汗をかいたときに濡れた箇所がはっきりと色が変わって目立ってしまうというものもあります。これは色だけでなく素材も関係してくるので一概には言えないのですが気をつけたほうがいいと思います。

黒や紺色はあらゆる点で無難です。初めての方は黒のレオタードを希望することが多いようです。身体が締まってみえる、初めてなのであまり目立ちたくない、など確かにありますね。

欠点としては身体の動きが正確に見えにくいということもあり、教室によっては淡い色のレオタードを指定されるところもあるようです。また、逆に黒か紺という指定のところもあるようですので、初めてバレエを習おうとされる方は、見学に行ってレッスン内容と共に周りの生徒さんたちのレッスンウェアがどんな感じか確認されることを是非お勧めします。

どうですか?分りにくい面もあるかもしれませんが、できるだけ詳しく分りやすいように頑張って書いています。
出来ましたら最後まで見ていってくださいね〜


次回からは「シューズ」について入っていきますよ♪

バレエシューズ

バレエを始めたばかりの人も、長年踊り続けているプロの方にもバレエシューズは必須アイテムです。

素材には布製と皮製、また布製で前半分だけ皮製のものがあります。
皮製は丈夫ですがやや厚みがあって床の感触を確かめたい方には布製のほうが軽くてフィットするのでいいのかもしれません。

バレエシューズは底が足より一回り小さく出来ているので、ルルヴェで立った時、床からのショックが弱いのは逆に前に皮を使ったもの、とも言えます。

色もピンク系、白、黒などがあります。男性は白や黒をはくことが多いようです。女性は一般的にはタイツの色に合って脚と一体になるように肌色にベージュ系を選ばれる方が多いです。ピンクや白も良いのではないでしょうか。

ゴムはメーカーによって最初から縫い付けられているものと、ゴムのみ付いて自分で縫い付けるタイプがあります。シューズの幅を渡すように1本になっているものと、クロスさせてつける場合があります。
クロスにするタイプは、縫い付け位置が2箇所になるので、土踏まずの部分が足裏にフィットするような感じがして好まれる方が多いようです。

ソールはひょうたん型に1枚続きになっているものと、前部分と後ろ部分が分かれているスプリットソールがあります。スプリットソールは真ん中の部分にソールがない分薄くて、つま先を伸ばしたときに土踏まずをぎゅっと押されるような感じがあって気持ちいいのですが、足裏の筋肉をを鍛える面ではフルソールの方がいいという意見もあるようです。


次回は「ポアント(トウシューズ)」です♪

ポアント トウシューズ

大人になってからバレエを始めた場合、ポアントをはけるようになるには様々な要素があります。レッスンの回数や習い始めてからの年月、足の強さ。また教室によっては、大人からはじめた場合にはポアントは穿かせないという考えのところもあります。

ポアントについては足幅、甲の高さ、指の長さ、足の強さ・柔軟性など個人差があり、合うシューズというのは人により全く変わって来ます。他の人がとっても履きやすい、立ち易いって言っても、それが自分に合うとは限らないのです。

一般的には甲が良く出る方は、シャンクが柔らかすぎたりヴァンプが短いものは、のめりすぎるので危険です。逆に足首が硬くて甲があまり出ない場合にはガチガチのシャンクのものを穿いては足を痛めることになりかねません。ただ、ソールが柔らかくて足の前のほうで折れてしまうと、足首が伸びずに指立ちになってしまうので、しっかり土踏まずまでは真っ直ぐ立たせてくれるようなものがいいと思います。

ポアント部分が細いものは回転や素早い動きに対応しやすいですが、安定性を求めるなら先が広くて四角いものに変わって来ます。プロは演目によってポワントを履き替えるとも聞きますよね。
ポアント選びにはどうも根気が必要なようです。自分の足をよく知り、先生やお店の方のアドバイスをもとに色々試してみるしかないようです。フィッティングの際にはいいなと思っても実際にレッスンで穿いてみたら違ったということもよくあります。

色に関しては舞台で特別な指定がなければ、普通はピンクです。ですが、このピンクにも通常のピンクというのもあれば、パールの効いた薄めのピンク、またオレンジがかったヨーロピアンピンクというのもあります。これはメーカーやブランドによってある程度決まってくるので、足にあうシューズがたまたまこの色だったということの方が多いのかもしれません。

リボンは国産のものははじめから縫い付けられているものが多いですが、海外のものはリボン別売りでほとんど自分で縫い付けるタイプです。リボンの種類によっては硬さも違って結び目がゴロゴロしやすかったり、表面がツルツルしていてたるみやすいものもあるので、あれこれ好みのものを探してみるといいでしょう。

また、ドゥミポワントのときのフィット感を高めるためにシューズの後ろ側から足首を通るようにゴムを縫い付けることも多いです。バレエシューズのようにクロス型に縫い付ける場合もありますが、この場合甲を抑えることにもなるので、甲が出すぎる方にも有効です。

トウパットも色々な種類が出ています。フォームラバー・ウール・ボア・ジェル・古くなったタイツの切れ端を爪先に巻きつける人もいますよね。要は痛くなくて自分が踊りやすければいいんです。これもシューズとの相性もありますのでいろいろ試してみましょう。

パットにより大きさや厚みが変わってきます。新しいポアントを買う時には自分の使っているトウパッドを持参したほうがいいです。


次は「アンダーウェア」について♪

アンダーウェア

タイツ 

レオタードの下にはくタイツは一般的に薄いピンク・サーモンピンクなどです。バレエというと「白いタイツ」というイメージを持っている方も多いですが、実際には真っ白を履くことはほとんどありません。小さなお子さんだと白も可愛いですけど、大人の場合、白の存在感が強すぎて脚が太く見えます。淡いピンク系のほうが遠めには白っぽくみえてなおかつ自然な印象です。


ジャズダンスなどでは、光沢のあるゴールドっぽい肌色を穿くようですが、バレエでは光沢のあるものは、はきません。
爪先まで隠れるのはフーター(フーテッド)、ポワントを穿いたときに爪先の手入れをしやすいように足裏に穴が開いているのをコンバーチブル(穴あきタイプ)といいます。また、足首までの長さで土踏まずに引っ掛けて履くタイプのトレンカやレガー、ストラップと呼ばれるタイプもあります。モダンバレエなど素足で踊る方などはこういうタイプを使うことが多いようです。

また、レオタードの上からスパッツ代わりに上記のような足首丈の黒いタイツをはくということも多いです。オーバータイツ用の厚手のタイプもあります。引っ掛ける部分はまくってしまえばスパッツ風に見えるし履き方次第で、膝丈にも7分丈にも足首丈にもできるので結構便利です。


 インナー 

ボディファンデーションという肌色のキャミソールレオタードのような形をしたインナーがあります。淡い色や薄手の素材のレオタードを着用するときに中に着ると透けにくくなります。バストラインが気になる方は薄いパッドをレオタードに縫い付けたり、またはこのボディファンに縫い付けるのもいい方法です。ボディファンに付けた方が全部のレオタードにつける必要がないので便利かもしれません。またバスト部分にポケットがついてて専用のパッドを挿入して使えるものもあります。少しお値段が張りますが縫い付ける手間が省けるので便利です。

背中が深く開いたレオタードやキャミソール型のレオタードを着用するときはボディファンデーションが便利です。(肩紐が少し見えても問題ありません)
また、発表会などで衣装を着る時には中にボディファンデーションを使います。

バレエ用に上記のボディファンと同じ素材のブラも出ていますし、中にパッドが入れられるものもあります。スポーツブラのようにかぶるタイプのバレエ用ブラも販売されています。

普通のランジェリーのブラを着用してダメなわけではありませんが、ホックが外れる心配があること、肩紐のアジャスターやワイヤーなどが目立ちやすいこと、レオタードが薄手の場合には中が透けることがあります(レーシィなものは注意)のでモールドタイプのようなシンプルなタイプを選ばれるほうがいいでしょう。

ただ、ブラをしているとやはり動きにくいとか窮屈な感じがするということで、しない方が多いです。子供の頃からバレエをやっている人はほとんどしないように思います。バストトップが気になる場合には薄手の吊りカップをレオタードに縫い付けるのが有効です。バストアップ効果はありませんが形はある程度カバーできると思います。あとは、前述のカップ差し込み式のボディファンデーションと利用するのもオススメです。肌が丈夫なかたはニプレスのようなシールをバストトップに貼るだけという方法もありますよ。

バストが大きくてブラをつけないとおさまりが悪い、揺れて具合が悪いような場合にはブラをつけることが多いようです。その場合にはレオタードの背中からストラップが見えないように、背中の開きの浅いレオタードを選ぶことが必要です。

ショーツに関しても普通のものでもかまいませんが、バレエ用には肌色の伸縮性のある薄手のショーツが販売されています。普通のものだとレオタードの下からはみ出してしまう恐れがありますので、気をつけましょうネ。

一応タイツを穿いているので目立ちませんけど、ショーツのラインとレオタードの足くりのラインは同じほうがヒップラインがきれいに見えます。ショーツがぴっちりしているとお尻が2段になってしまいますからね。

また、ピンク色のローレグ&また上が深いショーツ(ステージショーツ)というのがありますが、あれはインナーではなく、舞台などでロマンティックチュチュを着る時に中に履くショーツです。(レッスン用ではありません)



次回「ウォームアップ 」について♪

ウォームアップ

トップス 

【Tシャツ】

手持ちのものから使えるトップスといえばやはりTシャツでしょうね。
最近はファッションでもチビTが流行っているように、レッスンでも小さめのサイズを着る人が多いようです。身体のラインをあまり隠さないという点では有効ですよね。色はやはりボトムや中のレオタードのイメージを壊さないように無難なものを選ぶのをお勧めします。

また、普通のキャミソールをキャミ型のレオタードに重ねてレイヤー効果のオシャレをしている人もいます。
普通のTシャツ以外に、いわゆるカットソーと呼ばれている襟ぐりや袖がメロウタイプのフリフリになっていたり、胸元にリボンがついていたりするのも可愛いらしく使えると思います。




【ニット】

バレエ用のニットセーターは、素材によっては毛玉が出来やすいものもありますので、毛玉取り機があったらそれを使いましょう。バレエ用品は結構値段が張るので大事に長く使いたいものです。寒い時期には暖かめの保温性のある素材ですが、春夏シーズンになるとファッション性を求めた、薄手のすかし編みやレースっぽい素材のニットも出てきています。

襟ぐりと後ろ開きも広めのVネックでヒップラインまで隠れる丈のものが多いようです。
ウエスト丈のように短いものは腰周りがすっきり見えるので姿勢を確認するにはいいと思います。バランス的にトップに何かを持ってきた場合は、ボトムもパンツやスカートなどを合わせたほうが良いと思います。




ボトムス 

【スカート】

一般的なのはヒラヒラが印象的な巻きスカートでしょう。素材・色柄・丈、様々な種類が出ています。
シフォンやジョーゼットは透けるタイプでドレープが軽やか、トリコットやポリエステルはあまり透けませんが生地に重みが出てきます。ヒップを隠したい場合には透けにくい素材か濃い目のお色を選ばれるといいでしょうね。

無地の単色、生地がダブルの2色使いになっているもの、むら染めのタイプ、またフローラルプリントのものなどがあります。レオタードの色味と同系色のものを合わせるとしっくりきます。柄物は中の一色をレオタードにもってくると合わせやすいと思います。

丈はヒップが隠れるくらい、もも丈、膝丈・・など色々でオーダーができるものもあります。レッスンウェアとしてのスカートでは長いものは一般的に着こなしが難しいと思います。丈の長いスカートはやや長身で脚の長い方に似合うのではないかと思います。長さ別に試着してみて自分に似合う長さを見つけるのがベストですが、意外と短いものの方がすっきりとスタイルがよく見えるようです。またシルエットは前が短め、後ろが長めのアンシンメトリーのものが見た目が綺麗です。

ニットでもラップタイプのものと、プルオンタイプがあります。シルエットは生地のものに比べるとフレア度が控えめのものが多いようです。他にもニット素材でキャミソールのワンピース型になっているものもあります。

丈は短めのものが多いようですが、ボディがリブ編みなどでフィットしていると身体のラインはわかりやすいです。ウエストにリボンがついていたりニットがすかし編みになっていたり、女の子の気持ちをくすぐる可愛いアイテムですね。



次回は「ニットパンツ・スウェット」についてですよ♪

ニットパンツ スウェット

ヒップラインを隠して脚さばきに影響しないショートパンツはよく利用されてますよね。色柄も様々ですが、単色の他、マルチボーダー柄(何色も使ったストライプ柄)が最近人気のようですよ。

シルエットはぴったりフィットするタイプと、裾がフレアになっているもの、バルーン調に膨らんで裾をしぼったブルマーっぽいスタイルがあるようです。

股上が長いタイプはウエストで折り返してやや腰ではくような感じにするとオシャレです。ローライズにしてウエストラインを見せる着こなしですね。

ロングのニットタイツは寒い季節には重宝します。動いているうちに股下が下がってきやすいのでそういう場合にはウエストをゴムでマークするなどして下がらないようにするといいと思います。

スウェットはロング丈のワンピースパンツと同じようなものですが、素材がスウェットで出来ているものです。オーバーオールとかウォームアップという風にもいいます。

他にも保温性の高いフリース素材のものもあります。裾はストレートのままのものと、リブ編みで絞ってあるものがあります。長いままシューズに裾を引っ掛けるようにして着ている人もいます。

オーバーオールタイプは寸胴な形になっているのでそのままではレッスン時に身体のラインが見えません。楽屋でのストレッチやあくまで身体をあっためる時にはそういう着方でもいいのですが、レッスン時に活用するには、ウエストをゴムベルトでマークするか、ゴムでウエストを留めた上で肩紐を外して折り返して着る形が一般的と思いますよ。


次回は「サウナ」について♪

サウナ

形はショートパンツ、ロングパンツ、ショートワンピ、ロングワンピなど色々あります。上半身用のトレーナーもありますけど、バレエではボトムに使う方が多いでしょう。

素材もさらっとしたやや薄手のタイプと、ビニールで全く外気を通さないタイプがあります。ビニールタイプのものは汗をかきにくい人でも結構汗が出ます。それだけに身体に大きく負担がかかるので勧めない先生もいるようです。

シルエットもゆったりしていて体のラインが分かりにくいので、そういった観点からも勧めない先生がいるのかもしれませんね。

オシャレなデザインのものも最近は出てきているようで、このサウナがお気に入りで着用されておられる方も居られます。


次回は「レッグウォーマー」です♪

レッグウォーマー

脚を冷やさないように暖めるために使用します。またピンクのタイツに抵抗がある場合長めのレッグウォーマーを使うと脚の生々しさを気にしなくてすみますね。その点では、オシャレで履くことのほうが多いかもしれません。

ゆるんだルーズソックスのような穿き方はしないほうがいいでしょう。膝や足首がきちんと伸びて使えているか先生にも自分にも判断しにくくなってしまいますよ。あまり厚手のものを穿いていると5番に入りにくくなりますし、動きのたびにずり落ちたレッグウォーマーを上げているのは本人も周りで見ているほうも少しみっともないような気がします。

身体があったまってきたらなるべく脱いだほうがいいと思います。ぴったりしたタイプでズリ下がってこないものなら脚のラインも分かるし保温にも向いているでしょう。
丈はももまであるロングタイプ、膝下のタイプ、また足首までのアンクルタイプなど様々です。
足首までの長さのものと足の裏にひっかけるものとありますが、後者の場合はシューズの上からはいたほうが私はベターだと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。